ホームページ

会員の部屋    トップページ  随筆春秋とは  コンクール募集  会員へのお知らせ


リビングルーム 会員みんなの部屋



個別の会員の部屋へは新着情報か、


サイトマップから入れます


そこにある名前をクリックしてください


希望者を対象に順次拡大して行きます




個別の部屋 作成のおさそい


 皆さんは未発表の随筆、小説、短歌、俳句を抱えておられませんか。


 もしも随筆春秋コンクールや他誌のコンクールに応募するつもりがなく、発表するあてもない作品がありましたら、随筆春秋のホームページに掲載するというのはいかがでしょうか。


 概要をご説明します。こちらは全然急いでおりませんので、ゆっくりご検討ください。


1.ホームページの掲載料は無料です。


 このホームページは私が個人で持っているサイトに随筆春秋のホームページを同居させています。随筆春秋にはお金の余裕がないので、同居料も作成料も無料で私がやっています。従って掲載させて頂いた謝礼も払えませんし、私がお金を頂くこともございません。


 もしもよろしかったら、ご家族ご親戚、ご友人に随筆春秋のホームページの宣伝をよろしくお願いいたします。スマホで見られます。大勢の人が見てくれると、ホームページの検索順位が上がるので、コンクール募集などで目につきやすいのです。ご協力よろしくお願いします。


2. どんな作品を載せれば良いですか?


 すでに随筆春秋誌で発表したものは、せいぜい1作か2作にしましょう。その理由はホームページの閲覧者はほとんど会員なので、あれ、ここの作品は前に読んだことのあるものばかりだぞ、ということになっては詰まらないからです。


 皆さんはオリジナル作品を沢山しまってあると思いますから、メールで送って下さい。20本ぐらいは十分載せられます。少しぐらいならばエッセイではなくて、小説でも詩でも構いません。もちろん随筆春秋のホームページですから、全部随筆以外のものというのは困りますけれども。


 メールはワードに書いて送って下さらなくても、平文で構いません。ホームページのソフトのルールに従って、私が勝手に漢字変換や改行などの修正をしますが、そこのところはあまりこだわらずに、若干の修正はお許し下さい。


3. すでにホームページやブログをお持ちの方のためには、リンクを張るご協力をします。細かいことはメールでお問い合わせ下さい。では個別の部屋作成の件、ご検討をお願いします。





 ご存知ですか?文学賞辞典
 5年に1度発行される、文学賞受賞者の一覧です。

 有名な芥川賞、直木賞はもちろん、随筆春秋の受賞者も、しっかり掲載されています。

 大きな図書館や大学、企業には、この文学賞辞典が置かれています。

 近藤健はこのことを先輩から教えられ、大いに創作活動の励みになったそうです。

 私、池田の場合は事務局をお手伝いするモチベーションが上がりました。

 そしてなんと第1回優秀賞受賞者の太田さんは、カナダで起業する際、当局が彼の人柄を信用する材料になったということです。








トップページ  随筆春秋とは  コンクール募集  会員へのお知らせ