トップページ

ホームページ

佐藤愛子先生



佐藤愛子先生は日本を代表する現役の女流作家です。随筆春秋第3号より25年間に渡って、会員のご指導ならびにコンクールの審査をして頂いております。



◇ お彼岸なのでお墓の話 ◇



ここは佐藤愛子先生の御父上で作家・佐藤紅緑先生の墓所です。墓石の左側が広く空いているのにお気づきでしょうか。そうです。ここに愛子先生はご自分の墓石を建てる準備をしておられるのです。

ずいぶん昔からご用意なさっていたそうで、実際、見ると空いているスペースには、すでにカビが生えて古びています。何かの本に「生前に墓を用意すると、その人は長生きする」と書いてあるのを読んだ覚えがありますが、まさにその通り、愛子先生は益々お元気です。

私も2ヶ月に一度お墓参りに行くたびに、「紅緑先生、どうか愛子先生のことをお見守り下さい」とご祈念しています。



◇ 伊那路をたどる ◇


佐藤愛子先生が最初の結婚生活を送られた思い出の地を訪れてみました。
参考書 「血脈」 第2章より


「今日は愛ちゃんが伊那へ行く日ですよ」
 とシナは洽六に向っていった。正月を岐阜県大井町の舅の家で過ごした愛子は、風邪の熱も下がったので一月十五日に夫の赴任先である長野県伊那町に行くことになっている。 伊那町の寒さは温暖な阪神沿線に育った愛子に堪えられるだろうかとシナは心配である。愛子はその町で料亭の二階を借りて暮らす。

【中略】


 そんな時、愛子から手紙が来た。伊那の暮らしを始めた愛子は苦労を苦労とも思っていない様子で、皸が切れた手は絹夜具には向きません。バリバリと引っかかります、と書き、部屋の中の火鉢にかけておいた薬缶のお湯が、朝起きてみると氷になっていると面白そうに報告している。

「そんなに寒いのに、雨戸なしでガラス障子にカーテンを吊って、夜もそのまま寝ています。だから薬缶のお湯が氷になるのかもしれません。雨戸はあることはあるのですが、傷んでいて動かないので、メンドクサイのでそのままにしているのです。お母さんが見たら呆れるでしょう」

「お姑さんはいつも『いとしいよのう、いとしいよのう』といっています。(こんなときいつも芝居がかる)ご飯は出窓七輪を置いて、そこで炊きます。おかずもそこで煮ます。その間は風も雪も雨も部屋の中に入ってきます……」

2017.12.27 撮影・池田 協力・原孝壽さん

 お住まいだった看水のとなり、伊那信用金庫本店跡の小さな公園

 割烹旅館 「看水(かんすい)」 のあったあたり

佐藤愛子先生 「看水、懐かしいわねぇ。もう70年以上前になりますよ。当時はこの旅館の息子がまだ小さくてね。よく寝小便を垂れては親に怒られていたの。 後のことになりますけれどね、新聞社のエレベーターホールで男の人に声を掛けられてね。“佐藤先生、お久しぶりです。憶えておられますか、ぼくは看水の息子です。いまは新聞記者をやってます”って。まあまあ、あなたずいぶん立派になって……

看水は取り壊されてもうありませんが、同じ頃建てられた割烹旅館です



佐藤愛子先生の御主人が経理将校としてお勤めになっていた 「伊那飛行場」 跡地です。
お住まいの「看水」は伊那駅前にありますが、飛行場はずっと奥の山の中です。一度職場に出たら簡単には戻って来られなかったでしょうから、佐藤先生は一人でお寂しかったことでしょう。



佐藤愛子先生のお孫さん、杉山桃子さんは、

三軒茶屋周辺で音楽活動をしておられます。

ツィッターはこちらです。→ [スプーキー]



2017年年間ベストセラー総合1位獲得!


平成29年12月1日 朝日新聞朝刊記事





▲ 画像をクリックすると小学館のホームページにリンクします。


94歳のお誕生日の快挙!


 先生。本当に本当に、おめでとうございます!



朝日新聞朝刊、文芸欄で先生のインタビュー記事が掲載されています。
「語る・人生の贈りもの」というコーナーで15回連続です。ぜひご覧ください。
(下記は8月23日掲載の第8回のもの)



記事の写真の横に「原稿用紙に万年筆で書く。今も変わらない」とあります。
先生の直筆は下記の通りです。(最優秀賞「無花果」の講評原稿)



2017.08.15 現在先生は北海道の別荘でご静養中です。
副代表の近藤健が早速ご挨拶にうかがいました。先生はお元気です。






佐藤先生のお孫さんの杉山桃子さんが自主製作CD「どんぶらこ」を発売しました。
ご希望の方は直接 ws.formzu.net/fgen/S44490121/あてにお申込み下さい。
1000円+送料、希望すればサインを入れてくれます。
桃子さんのサインが、まだうまくないので、佐藤先生が特訓してくれたといういわくつきです。(貴重)

2017.06.29 上半期ベストセラーは佐藤愛子先生が1位を獲得しました。
http://style.nikkei.com/article/DGXMZO18199190Y7A620C1000000

2017.04.29 春の叙勲で旭日小綬章を受賞されました。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170429-00000007-jij-pol

2017.3.22 NHKニュースウォッチ9 に声だけ出演なさいました。
http://www4.nhk.or.jp/nw9/

2017.3.1 徹子の部屋にゲスト出演なさいました。
http://www.tv-asahi.co.jp/tetsuko/guest/0003/index.html

2016.12.1 ゴロウ・デラックスにゲスト出演なさいました。
http://www.tbs.co.jp/goro-dx/backnumber/2016.html





100万部達成 絶賛発売中!






ページの先頭に戻る  トップページ  随筆春秋とは  コンクール募集