ホームページ

副代表 近藤健   トップページ  随筆春秋とは  コンクール募集



近藤 健(こんどう けん) 略歴


     1960年 北海道 様似(さまに) 生まれ。
     1983年 龍谷大学法学部 法律学科卒業。
     現在   随筆春秋 副代表 兼 代表代行。 室蘭文芸協会 会員。


     受賞歴
     2003年 「祝電」で、第8回随筆春秋賞(優秀賞)。
     2004年 「昆布干しの夏」で、第10回小諸・藤村文学賞(優秀賞)。
     2009年 「妻の生還」で、第4回文芸思潮エッセイ賞(優秀賞)
     2014年 「雪の匂い」で、札幌市民芸術祭 優秀賞受賞



     日本エッセイスト・クラブ編『ベスト・エッセイ集』(文藝春秋刊)収録作品
     2005年版 「警視総監賞」
     2006年版 「昆布干しの夏」
     2008年版 「介錯人の末裔」
     2009年版 「増穂の小貝」
     2011年版 「風船の女の子」 2016年 日能研の国語の試験にも出ました









昔は作文に苦手意識があった


私のエッセイをいつも喜んでくれるのが、高校時代の担任である。
先生は昨年、定年退職を迎えたのだが、非常勤職員としてまだ学校にいる。
国語担当で、当時の私の成績をよく知っている。というか、目立った成績ではなかったので、まったく記憶にはないはずである。
私は三年間を通して、七十点を超える点数を一度も取ったことがなかった。
とりわけ作文を苦手とした。毛嫌いしていた。そんな私がどうして文章を書くようになったのか、先生はこれ以上曲がらないというほど首をかしげている。

・・・随筆「報われる思い」より抜粋






△ 佐藤愛子先生の大ファンで、近藤ファンでもある様似町駅前民宿の女将のブログです。



下記は模試に採用された近藤の作品です。皆さんも問題に挑戦してみて下さい。










近藤の作品がもっと読みたい、という方は、「こんけんどうのエッセイ」のページへどうぞ!


ページの先頭に戻る  トップページ  随筆春秋とは  コンクール募集




 ▲、佐藤愛子先生が近藤のために書いて下さったサイン色紙です。

 人生は美しいことだけ憶えていればいい、は、先生が一番気に入っておられる言葉です。


 ▼、年賀状。佐藤愛子先生は人を励ます天才です。




 現在はマルチに活躍中。室蘭民報に連載も持っています。



 近藤は赤穂大石神社学芸員の佐藤誠先生の協力を仰ぎ、先祖のことも書きました。

 歴史書好きにはたまらない一冊です。 ▽ ご注文はこちら




 猪飼隆明先生は史学の大家です。書評を頂けるという事は大変な名誉です。

 学生時代、文章が誰よりも苦手だった近藤が、40歳を過ぎてから挑戦をはじめ、

 今はここまで前進しました。皆さんもやってみませんか。 




 産経新聞(2006.9.18)の全国版の書評より ▼



室蘭民報(2012.1.19)のコラムより▼


 


ページの先頭に戻る  トップページ  随筆春秋とは  コンクール募集