ホームページ

第1回(平成5年募集 平成7年受賞) 優秀賞


著者 太田幸昌(おおた ゆきまさ)さん 1967年(昭和42年) 東京都杉並区生まれ

職業 世界27カ国をめぐる冒険家。現在は屋久島在住。ただし放浪癖あり。

25歳のときの処女作「高原の牧場は楽園じゃない」で随筆春秋 第1回 優秀賞を受賞。

30代のころのカナダ・インディアンとの暮らしを書いた「インディアンにならなイカ!?」を出版。


トッフィーノのホエールウオッチングツアーのボートに近づくお父さんシャチ(太田さん提供



ドッグサーモンの牙 (太田さん提供









2018年1月27日、布勢博一先生ご夫妻と記念撮影


 本ができ上がったとき、事務局を通して布勢先生に献本した太田さん。「内容がとても面白い」、と布勢先生に気に入っていただき、「もし上京する機会があるなら、ぜひわが家にもお寄り下さい」、と誘っていただきました。


「それではお言葉に甘えて……」と上京してきた太田さん。事務局の池田がご案内して懇談となりましたが、お仕事で若い時から世界中に行っておられる布勢先生と、好きで世界放浪をしてきた太田さんの話題は、深夜まで尽きることがありませんでした。



君たちはどう生きるか How(ハウ) you gonna make life...?

じゃあ、インディアンにならなイカ!?






メッセージ


随筆春秋賞各賞受賞の皆さん、おめでとうございます。

一言一句の隙間から、皆さんの真面目さや正直さ、

誠実に生きてきた人生があふれ出してきているようで、

心動かされる場面が何度もありました。

皆さんが真摯につむいだ言葉は、時間も場所も遥かに越えて、

いつかどこかの誰かの心に、深く染み渡っていくことでしょう。

受賞、本当におめでとうございます。


平成7年度 第1回 優秀賞受賞者

太田幸昌











太田さんは現在、屋久島産原木生椎茸を栽培しています


下記は太田さんのホームページから転載しました


原木生椎茸ってなんでしょう? 生椎茸の生はナマ、ナマってことです。干し椎茸は乾燥させた椎茸ですね。生椎茸は、木に生えてるキノコを採取したそのままの新鮮なものです。それに原木と付くと、それは昔ながらの、木から椎茸を生やさせる、た〜いへんな労力と時間と技術を要する、今では後継者の少なくなった、希少かつ大変に味わいの濃い、おいしいキノコということになります。


椎茸って全部そうなんじゃないの? と思いますよね? いえいえ、現在スーパーなどで売っているキノコは椎茸に限らず、ほとんど全てが菌床栽培キノコと思って間違いないでしょう。菌床栽培とは、おがくずにキノコ菌と栄養剤やら防腐剤やら化学肥料的なものをいろいろ混ぜて、ビニールハウス内で工業的に管理し、もの凄い短期間で促成栽培したキノコです。菌床栽培だとコストも時間も原木栽培の三分の一ほどです。


食べてみるとうそみたいに違うものなので、今ではその椎茸が原木栽培なのか菌床栽培なのか、きっちり表示することが法律で義務化されています。スーパーなどで椎茸を見たら、表示を探してみてください。屋久島産原木生椎茸は現在、百貨店などで高値で取引されています。


原木生しいたけはインフルエンザ対策に!

原木椎茸が持っている二本鎖RNAは、ウィルスの感染を抑制する活性のあるインターフェロンの生成を誘発する物質です。原木椎茸に含まれる多糖類は白血球の一種マクロファージを活性化させ、また免疫に関係するリンパ球のT細胞とB細胞も活性が上がります。


成長期のカルシウム吸収や骨粗しょう症対策に!

せっかくカルシウムを摂っても、ビタミンDが無ければ体に吸収ができません。通常は日光浴によって生成されるビタミンD。原木椎茸はこのビタミンDを豊富に含んだキノコです。マグロの脂身などでもいいですが、原木椎茸なら、脂肪を気にせず、豊富なビタミンDを摂取できます。白い面を日光に30分〜1時間当てると、ビタミンDの含有量が20倍以上跳ね上がります。


ビタミンB群、ミネラル、食物繊維も豊富です。抗癌物質レンチナン(食用キノコでは唯一、原木椎茸からのみ検出)コレステロールの代謝を即すエリタデニン含有。DDTやダイオキシンなど、猛毒を分解する脅威のパワー。


なにより、美味しい!

三大うまみ成分のひとつグアニル酸が豊富。グアニル酸と、昆布に含まれるやはり三大うまみ成分のグルタミン酸とを混ぜ合わせると、相乗効果でうまみが何十倍にも増すといわれています。お鍋をするときは昆布でダシを取り、そこに原木椎茸を入れてみましょう(裏ワザ)。また、残った原木生椎茸は、冷凍するとうまみが3倍にアップします(超裏ワザ)。使用するときは解凍せずに、そのまま刻んで調理しましょう。


自分も屋久島産原木生椎茸を食べてみたいという方は、池田宛にメールを下さい。太田さんにお取次ぎします。




ページの先頭に戻る  トップページ  随筆春秋とは  コンクール募集