ホームページ

お申込み・お問合せ


1.入会お申込み
  
  @ お電話かファックス、葉書あるいはメールでご入会したい旨、ご連絡ください。
     その時に本名、ご住所、お電話番号を教えて下さい。

     どなたでも入会できますが、18歳未満の方は保護者の同意が必要です。

     作品を掲載するとき、ペンネームの使用はできますが、事務処理をする際に、
     匿名ではご入会になれません。

     事務局電話 FAX兼用 042−767−3103
     メール mail@kenshu21.com

  A 入会金+会費を、下記口座にお支払い下さい。

     振込先:町田駅前郵便局(口座番号)00120−2−580804 随筆春秋

     銀行、ネットからの振込みは下記の通りです。
     ゆうちょ銀行019(ゼロイチキュウ)店 (当座預金)0580804 随筆春秋

     一括払い 入会金1万円+年会費3万円=4万円
    
     分割払い 3分割プラン 2万円+1万円+1万円
           2分割プラン  2万円+2万円

     恐縮ですが振込手数料はそちらでご負担ください。

  B ご入金の確認が取れましたら下記の物を郵送します。

     「会員証 兼 会費領収証」 「会員規約および規約補足」
     「連絡方法や筆名等の確認用紙」
    

2.入会後の流れ

  @ 毎号、自分の作品が掲載できます。
     原稿の締め切りは、春号 12月15日ごろ、秋号 6月15日ごろです。

     集めた原稿は1カ月後、印刷してお返しします。(初校)
     それをご自身で校正して、事務局に返送して頂きます。

     事務局と印刷会社で第2校のやり取りをします。

     会員の皆様には、春号を3月末、秋号を9月末に発送します。
     お手もとに届くのは4月はじめ、10月はじめになります。
    
     2冊までは無条件でお届けしますが、追加注文は実費になります。

  A  不定期で、書き上げた作品を、何作品でも添削してもらえます。
     催促はしませんので、自主的かつ積極的にお出しください。

     勘違いされる方が多いので細かく書きますが、添削というのは1作品で
     1回が標準です。直してもらって戻ってきたものを、また直して出すという
     ものではありません。

     なぜならば2度も3度も直したら、ほとんど講師の作品になってしまい、
     オリジナリティがなくなることと、作者本人の筆力が上がらないからです。

     ただし、どうしても2回見て欲しいという場合は、ご要望に応じます。

     また一度に複数の作品を添削に出したり、前の作品が返ってきていない
     のに重ねて出すのはおやめ下さい。

     添削講師は現在、石田、近藤の2人です。2人で全国の会員を担当して
     いるのですから、大量に添削に出しても、返却日が遅れるだけです。

  B  会員になると、受賞しなくても、表彰式に出席できます。
     先生方のご指導を直接聞けますし、質問にもお答えいただけます。
     ただし飲食代実費 6500円は必要です。

  C  勉強会に参加できます。
     毎月一回、事務局もしくは近隣の会場で、勉強会を行っています。
     参加者の作品を持ち寄っての「合評会」形式です。
     詳しくはご入会後に説明させていただきます。

  D  会員本人が自費出版した書籍をホームページに掲載して紹介します。
     ご希望の場合は、随筆春秋の本誌に、有料ですが広告掲載できます。

3.購読会員お申込み

  随筆春秋を定期購読したい方は、その旨をお申込みください。
  春号、秋号を発刊時に、ご指定の場所に送付します。

  定期購読の方は送料無料です。クロネコメール便でお届けします。
  本の代金は1冊1200円です。振込手数料はそちらでご負担ください。
  発送の際に払込票を同封しますので、到着後にお支払い下さい。


お申込みについては以上の通りですが、何かお問合せがありましたら、下記までメールをお願いします。